困ったときの応急処置

ご自宅でできるセルフケア

すぐに病院へ行けない場合には

ご自宅でできるセルフケア

痛みや出血などの痔の症状が現れたが、すぐに病院へは行けないという場合には、ご自宅でできる適切なセルフケアにより、症状を軽減することが可能です。ただし、あくまで「応急処置」ですので、何か症状がある場合には、できるだけお早めに八尾市の大北クリニックまでご連絡ください。

 

疾患別の応急処置

いぼ痔(痔核)の場合

排便時に痛みがある場合には、入浴やカイロなどでお尻を温めることで、症状を軽減させることが可能です。出血がある時には、ほとんど場合、自然に治まりますが、なかなか止まらない際には、トイレットペーパーなどで肛門を圧迫して、10分程度、そのまま押さえるようにしてください。

切れ痔(裂肛)の場合

切れ痔(裂肛)を予防するためには、便通を整えることが重要となりますので、便秘にならないように、水分をたくさん摂取したり、食物繊維を多く含む食品を積極的に摂ったりするようにしましょう。症状がある時には、市販薬を服用するようにし、それでも改善しない場合には、お早めに当クリニックへお越しください。

痔ろう(あな痔)の場合

痔では、お尻を温めて血行を促進することで、症状が改善できたり、予防できたりすることがありますが、痔ろう(あな痔)や肛門周囲膿瘍がある方は、温めないようにご注意ください。患部を温めてしまうと、化膿が広がって悪化することがあります。なので、痔ろう(あな痔)・肛門周囲膿瘍の方は、お尻を冷やすようにしてください。

症状別の応急処置

肛門から血が出る場合

肛門から出血があり、なかなか止まらない場合には、トイレットペーパーなどで肛門を圧迫して、10分程度、そのまま押さえるようにしてください。

肛門がかゆい場合

肛門がかゆい場合には、かゆみ止めの軟膏を塗るほか、ウォシュレットの使い過ぎも考えられますので、長時間洗い過ぎないようにしましょう。肛門を清潔な状態に保つことも大切ですので、適度にウォシュレットを使用して洗うようにしてください。使用後は、水分をしっかり拭き取るようにしてください。強く擦る必要はなく、水気を拭き取るだけで大丈夫です。

肛門が痛い場合

急に肛門に痛みが発生した場合には、安静にし、膝を軽く曲げた状態で横向きに寝てください。そうして全身の力を抜いて、肛門に力を加えないようにします。それでも痛みが軽減されない場合には、入浴やカイロなどでお尻を温めて血行を促進するようにしましょう。ただし、肛門まわりが熱を持っていて、腫れたり、ズキズキと激しく痛んだりする場合には、痔ろう(あな痔)・肛門周囲膿瘍が疑われますので、反対にお尻を冷やすようにしてください。

肛門から何か出ている場合

肛門から何か出ている場合、いぼ痔(痔核)が疑われます。指で押して戻るようであれば、そのまま肛門の中へ押し戻します。指で押しても戻らないようであれば、無理に押し込まずに、お早めに当クリニックへお越しください。

top

0729945151