いぼ痔

いぼ痔(痔核)とは?

男女ともに最も多い痔です

いぼ痔(痔核)とは、長時間のデスクワークや、便秘による排便時の強いいきみなどにより、肛門に過度な負担がかかり、うっ血することで、腫れたり、いぼ(痔核)ができたりするものです。男女ともに最も多い痔で、主な症状として、出血と脱肛(いぼが外へ飛び出る)が挙げられます。

いぼ痔とは

いぼ痔(痔核)は、いぼができる部分によって名称が異なり、肛門と直腸の境目にできるものを「内痔核」それよりも下部にできるものを「外痔核」といいます

 

いぼ痔(痔核)の症状

排便時の出血、排便時・排便後の痛み、残便感などの症状のほか、肛門からいぼが外へ飛び出る(脱肛)といった症状が現れます。

いぼ痔(痔核)の原因

いぼ痔(痔核)は、排便時の強いいきみや、下痢や便秘を繰り返すことで、肛門に過度な負担がかかることなどが原因で起こります。冷えや長時間のデスクワーク・運転などにより、肛門部分の血行が悪くなり、うっ血して腫れることで悪化する場合もあります。

いぼ痔(痔核)の種類

いぼ痔(痔核)は、いぼができる部分によって「内痔核」と「外痔核」に分けられます。

 内痔核

便秘のために強くいきんだり、長時間のデスクワーク・運転などで肛門に負担がかかったりすると、肛門のクッション部分(内肛門括約筋と肛門の粘膜の間にある組織)の血行が悪くなり、うっ血していぼ(痔核)ができることがあります。肛門と直腸の境目にいぼ(痔核)ができたものを「内痔核」といいます。

内痔核の症状

痛みはほとんどありませんが、排便時に出血することがあります。症状が進行すると、残便感が生じたり、いぼ(痔核)が肛門から外へ飛び出したりする(脱肛)こともあります。さらに進行すると、脱肛しても排便が終われば元に戻る状態から、指で押さなければ戻らなくなったり、指で押しても戻らなくなったりする状態になります。

内痔核の種類

内痔核は、脱肛(いぼが外に飛び出る)の状態に応じて、Ⅰ~Ⅳ度に分類されます。

■Ⅰ度

いぼ(痔核)は肛門内にあるが、腫れている状態です。痛みはありませんが、排便時に出血することがあります。

■Ⅱ度

排便時にいぼ(痔核)が外へ飛び出すが、排便後は自然に戻る状態です。

■Ⅲ度

排便時に外へ飛び出したいぼ(痔核)を、指で押さないと戻らない状態です。

■Ⅳ度

外に飛び出したいぼ(痔核)が、指で押しても戻らず、常に出ている状態です。粘膜が染み出て下着が汚れたり、かゆみ、不快感が生じたりします。

外痔核

肛門と直腸の境目にできるものは「内痔核」といいますが、それよりも下部にできるものを「外痔核」といいます。便秘のために強くいきんだ時や、重たい物を持ち上げる時や、ゴルフのスイング時に力んだ時などに、突然肛門まわりに血の塊(血栓)ができることがあり、これを「血栓性外痔核」といいます。

外痔核の症状

外痔核の場合、出血は少ないのですが、強い痛みが発生します。そのほか、お尻の腫れなどの症状が起こる場合もあります。

 いぼ痔(痔核)の治療

初期のいぼ痔であれば簡単な方法で治療できます

いぼ痔(痔核)の治療は、病状の進行に応じて異なります。初期のいぼ痔(痔核)であれば、坐薬や軟膏などの薬物療法や、排便習慣や生活習慣の改善などにより治療することが可能です。しかし、進行すると、根治させるためには手術が必要になる場合があります。

 いぼ痔の手術

硬化療法(ジオン注射)

近年、広まりつつある治療方法です。Ⅱ~Ⅲ度程度の内痔核に有効で、ジオンを投与することで痔核を硬化・退縮させて、脱肛や出血などの症状を抑えます。切らずに日帰りで受けられるので、患者様への負担が抑えられます。ただし、再発率はやや高めであるとされています。

結紮切除術

従来の治療方法で、内痔核、外痔核どちらにも対応することが可能です。皮膚を切開した後、痔核を含む粘膜を切除します。最も確実に治すことができ、再発率も低いとされていますが、入院が必要となります。

「肛門からいぼのようなものが出ている」という場合には…

 直腸脱・直腸粘膜脱の可能性もあります

「肛門からいぼのようなものが出ている」という場合には、2つのことが考えられます。痔核が外へ飛び出ている場合と、大腸粘膜が外へ飛び出ている場合です。肛門からの大腸粘膜の脱出には「直腸脱・直腸粘膜脱(排便時に直腸の全周・一部が外へ出る)」があり、根治するためには手術が必要となります。

直腸脱・直腸粘膜脱の日帰り手術に対応

八尾市の大北クリニックでは、直腸脱・直腸粘膜脱の日帰り手術に対応しています。大腸粘膜の脱出、出血、便失禁などの症状でお困りの方は、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

血栓性外痔核の日帰り手術に対応

便秘のために強くいきんだ時や、重たい物を持ち上げる時や、ゴルフのスイング時に力んだ時などに、突然肛門まわりに血の塊(血栓)ができることがあり、これを「血栓性外痔核」といいます。

八尾市の大北クリニックでは、血栓性外痔核の日帰り手術に対応しています。手術では、局所麻酔下で血栓の除去を行います。簡単な手術で、手術後、すぐに普段通り生活していただけますので、症状でお困りの方は、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

top

0729945151