痔と間違えやすい病気

その症状、もしかしたら痔以外の病気かもしれません

痔と思われていたものが、実は大きな病気だったということも

痔と間違えやすい病気

排便時の出血、お尻の腫れ、痛みなどの症状があるからといって、必ずしも痔とは限りません。「もしかして…痔?」という時でも、大腸がんなどの大きな病気である場合もあります。よく痔になる方は、出血や痛みに慣れてしまっているため、また、肛門科の受診に抵抗感がある方は、恥ずかしがってしまって受診が遅れる傾向にあります。しかし、大腸がんなどの大きな病気であっても、早期発見・早期治療により治すことができる場合があります。

重篤な疾患を早期に発見するためにも、少しでも気になる症状がある時には、八尾市の大北クリニックまでお早めにご相談ください。

こんな症状はありませんか?

肛門から血が出る

肛門から血が出る場合には、いぼ痔(痔核)や切れ痔(裂肛)が疑われますが、それ以外に、「大腸がん」「大腸ポリープ」「潰瘍性大腸炎」などの疾患も考えられます。

肛門がかゆい

肛門がかゆい場合には、痔以外にも、「肛門周囲湿疹」「尖圭コンジローム」などの疾患も考えられます。

肛門が痛い

肛門に痛みがある場合には、いぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろう(あな痔)・肛門周囲膿瘍が疑われますが、それ以外に、「機能的肛門痛」「肛囲毛嚢炎」などの疾患のほか、「坐骨神経痛」も考えられます。

肛門が腫れている

肛門が腫れている場合には、いぼ痔(痔核)のほかに、「直腸脱・直腸粘膜脱」「クローン病」「膿皮症」「皮垂(ひすい)」「肛囲毛嚢炎」などの疾患も考えられます。

肛門から何か出ている

肛門から何か出ている場合には、いぼ痔(痔核)のほかに、「直腸脱・直腸粘膜脱」「尖圭コンジローム」「皮垂(ひすい)」などの疾患も考えられます。

肛門から膿が出る

肛門から膿が出る場合には、痔ろう(あな痔)・肛門周囲膿瘍が疑われますが、それ以外に、「クローン病」「膿皮症」「肛囲毛嚢炎」などの疾患も考えられます。

痔と間違えやすい病気

大腸がん

大腸にできる悪性腫瘍のことです。肛門から血が出たり、下痢・便秘を繰り返したり、残便感が生じたりすることがあるため、痔と間違われることがあります。

大腸ポリープ

大腸の粘膜にできる隆起物のことです。これが大きくなると、がん化するリスクが高まります。主な症状は血便や残便感などで、痔と間違われるケースがあります。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に潰瘍が生じる病気です。炎症部分から出血したり、粘血便が出たりすることがあるため、内痔核とよく間違われます。

肛門周囲湿疹

肛門や、肛門まわりでかゆみが生じる病気です。かゆみのせいで肛門を掻くことで、痛みや出血などが起こり、痔と間違われることがあります。

尖圭コンジローム

ウイルス感染により、肛門まわりにいぼ状のできものが発生する病気です。肛門の違和感やかゆみなどの症状が現れるため、痔と間違われる場合があります。

機能的肛門痛

はっきりとした原因がない状態で、肛門に痛みが発生することをいいます。痛みがあるため、痔と間違われることがありますが、排便にかかわらず痛みが発生します。

肛囲毛嚢炎

肛門まわりの皮膚に、毛嚢炎(細菌感染症の一種)が起こることをいいます。膿が出たり、痛みをともなう小さなしこりが発生したりすることから、痔ろう(あな痔)とよく間違われます。

坐骨神経痛

腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫・刺激されることで、痛みやしびれなどの症状が現れます。肛門まわりに痛みが発生することもあるため、痔と間違われるケースもあります。

直腸脱・直腸粘膜脱

大腸粘膜が外へ飛び出ている状態です。「肛門からいぼのようなものが出ている」ことから、いぼ痔(痔核)の脱肛とよく間違われます。

クローン病

クローン病とは、炎症性の腸疾患です。慢性的な下痢、肛門の腫れ・痛み・かゆみなどの症状が現れるため、痔と間違われる場合があります。ただし、クローン病には、切れ痔(裂肛)や痔ろう(あな痔)などの痔も多くみられます。

膿皮症

肛門まわりの汗腺ので炎症が起こり、慢性化した状態です。肛門から膿が出たり、腫れたりするため、痔ろう(あな痔)とよく間違われます。ただし、痔ろう(あな痔)を併発しているケースも少なくありません。

皮垂(ひすい)

痔の腫れなどにより、肛門まわりの皮膚が垂れ下がった状態です。外痔核とよく間違われますが、痛みはありません。そのまま放置しても問題ありませんが、たるみが大きくなっているようでしたら、一度当クリニックまでご相談ください。

top

0729945151