症状マップ

気になる症状がある時はすぐにご相談ください

痔と間違えやすい病気

「肛門から血がでる」などの症状がある時でも、必ずしも痔とは限らず、大腸がんなどの大きな病気だったりする場合もあります。気になる症状がある時は、自己判断せずに、お早めに八尾市の大北クリニックまでご相談ください。

 

 

肛門から血が出る

ぼたぼたと垂れるほど血がでる場合

肛門からぼたぼたと垂れるほど血が出る場合には、いぼ痔(痔核)が疑われます。出血だけでなく、痛みもある場合には、切れ痔(裂肛)も疑われます。

「いぼ痔(痔核)」について詳しくはこちら

「切れ痔(裂肛)」について詳しくはこちら

少量の血が出る場合

切れ痔(裂肛)による出血が考えられるほか、ウォシュレットの使い過ぎなどによる皮膚炎も疑われます。

「切れ痔(裂肛)」について詳しくはこちら

血に粘液が混じっている場合

腸で炎症が起こっていたり、ポリープができていたりすると、粘液混じりの血が出ることがあります。

黒色の便が出る場合

黒色の便が出る時には、胃や腸で出血が起こっている場合があります。そのほか、お薬やサプリメントの影響で黒色の便が出ることもあります。

肛門がかゆい

肛門がかゆい場合には、いぼ痔の脱肛にともなって、肛門まわりがかぶれているケースのほか、ウォシュレットの使い過ぎなどによる皮膚炎が考えられます。

「いぼ痔(痔核)」について詳しくはこちら

肛門が痛い

排便時・排便後に痛みがある場合

排便時・排便後に肛門で痛みが発生する場合には、切れ痔(裂肛)や血栓性外痔核などが疑われます。

 排便にかかわらず常に痛みがある場合

排便にかかわらず常に痛みがある場合には、切れ痔(裂肛)や痔ろう(あな痔)・肛門周囲膿瘍などが疑われます。

「いぼ痔(痔核)」について詳しくはこちら

「痔ろう(あな痔)」について詳しくはこちら

肛門から何か出ている

「肛門からいぼのようなものが出ている」という場合には、いぼ痔で痔核が外へ飛び出ているケースや、直腸脱・直腸粘膜脱(排便時に直腸の全周・一部が外へ出る)、肛門ポリープなどが疑われます。

「いぼ痔(痔核)」について詳しくはこちら

 

肛門が腫れている

肛門が腫れている場合には、痔ろう(あな痔)・肛門周囲膿瘍や血栓性外痔核などが疑われます。

「痔ろう(あな痔)」について詳しくはこちら

肛門から膿が出る

肛門から膿が出る場合には、痔ろう(あな痔)・肛門周囲膿瘍が疑われます。

「痔ろう(あな痔)」について詳しくはこちら

top

0729945151