痔とは

気になる症状はありませんか?

・排便時に血が出る

・排便時・排便後に痛みがある

・排便にかかわらず、お尻に痛みがある

・お尻のまわりにしこりがある

・肛門から膿が出ることがある

・お尻が腫れていて痛い

・肛門からイボのようなものが出る(脱肛)

・短い便が出る

・便秘と下痢を繰り返す

・粘液が出る

・肛門まわりがかゆい 

など

このような症状がある時は、お早めに八尾市の大北クリニックまでご相談ください。適切に診断した上で、最適な治療方法をご提案させていただきます。

  痔について

痔は大きく「いぼ痔」「切れ痔」「痔ろう」の3つに分けられます

痔には、いぼができる、肛門部分が切れる、膿が出るという3つのタイプがあり、

大きく「いぼ痔(痔核)」「切れ痔(裂肛)」「痔ろう(あな痔)」に分けられます。

いぼができるものはいぼ痔(痔核)、肛門部分が切れるものは切れ痔(裂肛)、膿が出るものは痔ろう(あな痔)となります。

的確な診断

 

痔の種類

いぼ痔(痔核)とは?

肛門にいぼができた状態です。いぼができる場所に応じて、「内痔核」「外痔核」に分けられます。初期であれば、薬物療法や生活習慣の改善などで治すことが可能ですが、いぼが外へ飛び出す状態(脱肛)が続くようであれば、手術を検討する必要があります。

「いぼ痔(痔核)」について詳しくはこちら

切れ痔(裂肛)とは?

肛門の皮膚に裂傷が生じた状態です。女性に多くみられます。初期であれば、便を柔らかくするお薬の処方や、生活習慣の改善などで治すことが可能ですが、慢性化している場合には、手術を検討する必要があります。

「切れ痔(裂肛)」について詳しくはこちら

痔ろう(あな痔)とは?

肛門まわりの皮膚に穴が開いて、そこから膿が出る状態です。若い男性に多くみられます。繰り返し痔ろう(あな痔)ができる場合、根治するためには入院をともなう手術が必要となることがあります。そうなる前段階(肛門周囲膿瘍)で、お早めに当クリニックへご相談ください。

「痔ろう(あな痔)」について詳しくはこちら

 

痔の原因

肛門に負担がかかることで痔が発生します

「いぼ痔(痔核)」「切れ痔(裂肛)」「痔ろう(あな痔)」などの痔は、排便時の強いいきみ、長時間のデスクワーク、長時間のお車の運転など、肛門に大きな負担がかかることで起こるとされています。また、下痢や便秘を繰り返していると、肛門に負担がかかり、冷えも肛門にはよくないことから、普段の生活習慣も痔の発症に影響をおよぼします。

こんな生活習慣にご注意ください

次のような生活習慣を続けていると、痔になる恐れがありますのでご注意ください。当クリニックでは、痔予防のための生活習慣のアドバイスも行っていますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

・野菜が不足している食生活

・香辛料などの刺激物をよく摂る

・食事時間が不規則

・過度・頻繁な飲酒

・長時間のデスクワーク・運転

・長時間、同じ姿勢でることが多い

・下痢・便秘を繰り返す

・便意を我慢しがち

・ストレスが溜まっている

・不規則な生活を送っている

・運動不足

・お風呂はいつもシャワーで済ませている

など

 痔の治療

初期の痔なら簡単な治療で治すことが可能です

軽度の痛みや出血などの症状だけが現れる初期の痔であれば、坐薬や軟膏などのお薬を処方したり、毎日入浴してお尻を温めたり、便通を整えるための食生活を心がけるなど、生活習慣の改善により治すことが可能です。ただし、痛み・出血がひどかったり、痔核が外へ飛び出す状態(脱肛)が続いたり、肛門周囲膿瘍が進行して痔ろう(あな痔)になったりした場合には、手術などの大がかりな治療が必要となることがあります。

お早めに当クリニックまでご連絡ください

痔は、年齢・性別を問わず、誰でもなる可能性がある病気です。長時間のデスクワーク、外食中心の食生活、運動不足などの状況から、現代人の2人に1人が何らかの形で痔に悩んでいるとされています。「たかが痔」とお考えになったり、「肛門科を受診するのは恥ずかしい」と思われたりして、受診が遅れてしまうと、重症化する恐れがあります。また、痔だと思われていたものが、実は大きな病気だったということもあります。

「大丈夫だろう」と自己判断せず、そして恥ずかしさを感じて受診をためらわずに、気になる症状がある時にはお早めに当クリニックまでご連絡ください。

  痔の予防

普段の生活習慣を見直しましょう

痔は、普段の生活習慣が大きくかかわる病気です。そのため、生活習慣を改善することで、症状の軽減、発症予防がはかれる場合があります。次のポイントにご注意いただいて、しっかりと痔を予防するようにしましょう。

長時間、同じ姿勢でいない

長時間のデスクワークやドライブなどは、肛門に大きな負担をかけますので、時々、軽い体操をするなどして、同じ姿勢でいないようにしましょう。

下痢・便秘を解消

よく下痢・便秘になるという方は、要注意です。これらは痔の大きな原因となります。水溶性の食物繊維を多く含む食品(オクラ、納豆、海藻)などを積極的に摂って、痔を予防するようにしましょう。

毎日入浴して血行を促進

シャワーだけで済ませるのではなく、毎日入浴して、肛門まわりの血行を促進するようにしましょう。

無理にいきまない

便が出ないからといって、無理にいきむと肛門に負担がかかってしまいます。排便時間の目安を3~5分程度として、便が出ない・出きっていないと感じられる場合でも、無理に出し切ろうとせずに、次に便意を感じた時に出すようにしましょう。

肛門まわりを清潔に

肛門まわりが不潔だと、細菌が繁殖して、痔の悪化を招く場合があります。ウォシュレットを使用するなどして、清潔な状態を保つようにしましょう。入浴も、肛門を清潔に保つために効果的です。

ただし、長時間ウォシュレットの水を肛門にあてると、皮膚の脂分がなくなって乾燥し、皮膚炎になることがあるのでご注意ください。また、トイレットペーパーの拭き過ぎもいけません。擦るのではなく、水気を取るだけにしましょう。

top

0729945151