切れ痔

切れ痔(裂肛)とは?

女性に多くみられる痔です

切れ痔とは

切れ痔(裂肛)とは、便秘などが影響して、歯状線(しじょうせん)より下にある肛門上皮に裂傷が生じた状態です。女性に多くみられ、特に20~40代が好発年齢だとされています。主な症状は激しい痛みと出血で、進行すると傷が深くなり、肛門括約筋が痙攣しやすくなって痛みが増します。さらに進行すると傷口で炎症が発生し、潰瘍やポリープができて、肛門狭窄(肛門が狭くなる)が起きて便秘になるなど、悪循環に陥ることがあります。

 切れ痔(裂肛)の症状

切れ痔の主な症状は、排便時の激しい痛みと出血です。排便後にも、しばらく痛みが続く場合があります。慢性化すると、肛門が狭くなって(肛門狭窄)、便秘を引き起こし、便が硬くなって何度も同じ部分は切れるという、「悪化のサイクル」を招く場合があるので注意が必要です。

切れ痔(裂肛)の原因

便秘により、硬い便が通過して、肛門上皮が切れることが主な原因です。慢性的な下痢によって、炎症が発生して起こるケースもあります。切れ痔(裂肛)の発症には、便秘が大きくかかわっていますので、水分をたくさん摂取したり、食物繊維を多く含む食品を積極的に摂ったりするなどの対策により、便秘にならないようにすることが大切です。

切れ痔(裂肛)の種類

切れ痔(裂肛)は、病状の進行に応じて「急性期」と「慢性期」に分けられます。

急性期

便秘によって硬い便を無理やり出したり、下痢を繰り返したりすることで、肛門上皮に裂傷が生じた状態です。

 

急性期の症状

排便時に痛みが生じたり、トイレットペーパーに付着する程度の出血が起こったりします。排便後、しばらく痛みが続くこともあります。

慢性期

切れ痔(裂肛)が数ヶ月後程度続き、傷口が深くなって潰瘍状になった状態です。

 

慢性期の症状

皮膚に見張りいぼ(肛門の外へはみ出たいぼ)や、ポリープなどができるほか、肛門括約筋が痙攣しやすくなって、肛門狭窄(肛門が狭くなる)が起こることもあります。

 切れ痔(裂肛)の治療

 切れ痔(裂肛)は悪化しやすいのでご注意ください

切れ痔(裂肛)は、悪化しやすい痔だといわれています。一度切れ痔(裂肛)ができてしまうと、痛みのために排便を我慢するようになり、便秘を引き越して、便が硬くなって何度も同じ部分が切れることがあります。また、慢性化すると、肛門狭窄(肛門が狭くなる)を引き起こして、やはり便秘を引き起こし、便が硬くなって何度も同じ部分が切れるという、悪循環に陥ってしまいます。

薬物療法や生活習慣の改善で治療します

切れ痔(裂肛)に対しては、便を柔らかくするお薬の処方や、いきまずに排便できるように、食事や普段の生活の見直しをアドバイスするなどして治療します。薬物療法により、かなりの方がつらい症状から解放されています。しかし、放っておいて進行すると、肛門狭窄を引き起こし、その結果、肛門形成術という入院をともなう治療が必要となる場合がありますので、お早めに八尾市の大北クリニックまでご相談ください。

肛門ポリープの切除

肛門ポリープとは?

肛門ポリープとは、慢性的な下痢・便秘などによる炎症や、切れ痔(裂肛)が原因で発生するいぼ状の突起物のことです(いぼ痔ではありません)。大きさは様々で、小さいものについては、無症状の場合も多いのですが、大きなものについては、常に便意を感じたり、かゆみやかぶれを引き起こしたりすることがあります。

肛門ポリープの日帰り手術に対応

八尾市の大北クリニックでは、肛門ポリープの日帰り手術に対応しています。肛門ポリープはほぼ悪性化することはないとされていますが、放っておくと、便意、かゆみ、かぶれの原因となりますので、慢性の切れ痔(裂肛)がある場合などには、早めに治療を受けられることをおすすめします。

top

0729945151